• ホーム
  • 鼻ニキビはどうしてできるの?その原因をチェックして予防しよう!

鼻ニキビはどうしてできるの?その原因をチェックして予防しよう!

2020年02月07日
セクシーな女性

鼻は特に脂性肌と言うわけでもない人でも、皮脂分泌が盛んで多かれ少なかれテカリをもっているほどです。皮脂分が多く分布しているだけに、年齢を問わずニキビができやすい個所です。顔の中央に位置するだけに吹き出物が発生すると、サイズの大小関係なく目立ってしまうので間違ったケアを行って跡が残ったりすると目立つので出来れば発生を予防したいもの。予防のために有効なのは原因を知ることで、トラブルを元から断つことです。しかし鼻ニキビが発生する原因には、色々な要因が想定され、しばしば複合的に絡み合っています。主要な原因をチェックして発生を防ぐために役立ててください。

鼻ニキビの原因の主なものは、紫外線や雑菌などの外的要因と、生活リズムや食生活などの乱れと言った生活要因、そして生理周期や妊娠などの内的要因の大きくわけて3つに分けることができます。まず、紫外線や雑菌付着などの外的要因ですが、いずれも皮膚のバリア機能を弱体化させて、乾燥化し皮脂の過剰分泌を招くことが重要な意味を持ちます。無防備な状態で紫外線を浴びたり、不潔な手でこすったりメイク成分を十分クレンジングしなかったりすると、角質が厚くなり硬くなり毛穴詰まりがおきたり雑菌が付着しアクネ菌が増殖しやすい環境を醸成させてしまいます。

生活要因のなかでは食生活や睡眠などが大きな影響を与えます。とくに脂質や糖分が多い食生活は皮脂の分泌量にそのまま反映されるだけでなく、睡眠不足などは自律神経の乱れを招き血管が収縮し肌のターンオーバーに乱れをス生じさせてしまいます。女性特有の原因として重要な要因には生理周期や妊娠など、ホルモンバランスが大きく変化する機会です。概ね一月単位の生理周期では、排卵日に向かって卵巣の成熟を促すエストロゲンが増加しますが、排卵日を境に黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌へと体はシフトします。黄体ホルモンは妊娠後の胎児の性著の為に、皮脂の生成を活性化させる作用があります。ホルモンバランスがくずれることでフェイスラインにそって大人ニキビが発生するのも、黄体ホルモンの影響がかんがえられます。妊娠初期の15週目くらいまでは、胎盤をしっかり成長させるべくやはり黄体ホルモンが増加するので、ニキビができやすい時期になります。

鼻ニキビはこれらの要因が単独でえいきょうすると言うよりは、それぞれ要因が重なり合うことで発生する傾向があるので、改善や予防を旨くするにはこれまでの身の回りの環境を見直す必要に迫られます。