• ホーム
  • まつげ育毛剤とまつ毛エクステはどう違う?両者の違いをチェックしてみよう

まつげ育毛剤とまつ毛エクステはどう違う?両者の違いをチェックしてみよう

2020年03月13日

まつげの長さや太さが貧弱であったり、まつげ自体が生えていないなどの状態は、目元の印象に直結するので美容上の大きな問題です。あまりに貧相では第一印象にも悪影響を与える可能性があるほどです。西洋人のように外向きに長さもあり、太さも全体のボリュームもあるまつげは華やかな印象を与えるので憧れを持つ人が多いのは当然ともいえます。まつ毛全体を際立たせる方法にはいくつかの方法論がこれまでに完成をみていますが、現在主流になっているのはまつ毛エクステと、まつげ育毛剤を使用する方法の2つです7.いずれの方法もまつ毛の長さやボリュームをアップさせると言う目標では共通していますが、大きな違いがあるのも事実で、向き不向きがあります。よく両者の違いを確認し、それぞれの方法のメリットやデメリットを抑えておきましょう。

まつ毛エクステとは、まつげのエクステンションという意味です。文字通りまつ毛の長さを人工毛を専用のグルーで接着し、まつげの長さを増すと言うものです。まつ毛エクステのメリットは、付けまつげやビューラーを使用する方法のように、毎日のアイメイクのための時間を必要としないことです。一度接着してしまえば、定期的にメンテナンスをするだけなのでいつでもきれいなまつ毛のままで生活を送ることができます。しかしまつ毛エクステは施術の為に、サロンに支払う費用は高額でメンテナンスも必須です。せっかく接着したエクステが剥がれるのを恐れるあまり、クレンジングが不充分になり、メイク汚れなどが残っていまい、まつげのトラブルの原因になっていることがあるのは問題点です。

これに対して、まつげ育毛剤は毛根の毛包細胞に作用し、毛周期を正常化して成長期を長くする効果があります。ルイ維持したアイテムにまつげ美容液がありますが、成長の為の栄養分が含まれてはいるものの、育毛効果が確認されたわけではありません。まつげ育毛剤は臨床試験で育毛効果が確認されているので、確実なまつ毛の成長やボリュームアップを見込めるのは大きなメリットです。ただし外見で変化を実感できるほどの治療効果を得るには最低4カ月程度の継続しようが前提になるので、いますぐ、まつげの印象を変えたいニーズにはこたえることができないのはデメリットと言えます。

まつげ育毛は、まつ毛エクステと違い、自毛の成長を促すので負担が少なく見た目の印象にも違和感がありません。グルーなどの接着剤にアレルギーのある方でもまつげ育毛剤なら安心して使用できます。